当法人の理念と代表あいさつ
理念・ご挨拶
施設案内
特別養護老人ホームふるさと
ショートステイ空室状況
居宅介護支援センター
グループホームふるさと
第2グループホームふるさと
ふるさとシニアライフサポートセンター

ふるさとの仕事

働きやすく、やりがいのある職場です。多くの人を幸せにできる「ふるさとの仲間」になりませんか。

社会福祉法人 ふるさと > 理念・ご挨拶

理念・ご挨拶

当法人の理念

共助共援

 利用者様やそのご家族、地域の方々、そして施設職員。みんなが同じ目線で手をとりあい、暮らしの中の幸せをカタチにする。私たちの理念「共助共援」には、そんな願いが込められています。法人立ち上げ当初から、利用者様のご家族で組織する「ふるさと家族会」や地域の皆様が支えてくださったからこそ、この理念を実現することができました。介護の土台となるのは、地域全体です。外に開かれたオープンな集いの場所として、誰もが安心できる環境であることが重要と考えています。
 そして私たちは、利用者様の幸せを実現するためには支える側の職員も幸せであるべきだと考えています。お互いの幸せの循環が介護の質を向上させ、より良い職場環境にも結びつきます。すべての人が健やかに過ごすことのできる、心地良い空間を目指します。

ご挨拶

 穏やかな海と豊かな自然に恵まれた西海の景色を一望する高台に「特別養護老人ホームふるさと」が誕生したのは昭和51年のこと。当時はまだ福祉に対する関心が低く、高齢者施設の整備も始まったばかりでした。初代理事長・北島榮は高齢化社会におけるその必要性に着目し、仲間たちと老人ホームの開設を目指し、地域の皆様の理解を得ながら歩み始めました。

 私たちが常に大切にしているのは、利用者様一人ひとりが自分らしく暮らしていける環境と、きめ細かな個別ケアです。2003年に社会福祉法人「ふるさと」として、認知症対応型のグループホームの運営を開始。2012年には特別養護老人ホームを改修し、プライバシーを尊重した「ユニットケア」をいち早く導入しました。さらに高齢者専用住宅としてだけではなく、その方が必要なサービスがいつでも受けられる機能も備えた「ふるさとシニアライフサポートセンター」も開設するなど、時代のニーズに合わせた快適で過ごしやすい環境を整えています。そうした施設を最大限に活かすためには、職員の人材育成が必要不可欠です。実践と研修を重ねて、高い専門技術を身につけます。

 これからの福祉において、自立支援が重要なキーワードとなっています。一人ひとりの生き方を大切に、科学的裏付けに基づいた介護を実践し、QOL(生活の質)の向上を目指します。そして、利用者様やご家族、地域の皆様とともに「介護の未来」を拓いてまいります。

名誉理事長 北 島   榮

名誉理事長 北 島  榮

理事長 北 島  淳 朗

理事長 北 島 淳 朗

社会福祉法人 ふるさと 〒851-3502 長崎県西海市西海町川内郷1484番地 TEL:0959-32-0785 FAX:0959-32-2031

施設整備等助成事業について

(公財)中央競馬馬主の助成金を受けて福祉車両を導入しました。

⇒詳しくはこちら

競輪補助事業について

平成23年度の競輪補助事業を完了しました。

⇒詳しくはこちら