ふるさとだより
ふるさとだよりvol.172
施設案内
特別養護老人ホームふるさと
ショートステイ空室状況
居宅介護支援センター
グループホームふるさと
第2グループホームふるさと
ふるさとシニアライフサポートセンター

ふるさとの仕事

働きやすく、やりがいのある職場です。多くの人を幸せにできる「ふるさとの仲間」になりませんか。

« 前の記事へ
「成熟する脳」

「妻のトリセツ」で話題の黒川伊保子氏の著書「成熟脳-脳の本番は56歳から始まる」に興味深いことが書かれていました。ヒトの脳の一生は、子ども脳から14歳までにおとな脳へと成長し、28年間であらゆる知識や感覚を得た後も試行錯誤を繰り返し、56歳から84歳までの間、最高潮期を迎える、というものです。これまでは、加齢とともに知能も老いていく、と思われていただけに還暦を迎えるアラ環世代にとって嬉しい説です。
実はこの説、黒川さんだけが提唱しているのではなく、国内外の様々な研究機関が主張している定説でもあります。慶應義塾大学の高山教授によると、教育や仕事を通じて得た知識や経験を活かして応用するための知能は、70歳前後まで上昇し、80歳を過ぎても衰えないのだそう。ただし、誰もがそうかというとそうではなく、新しい経験や他者との交流にオープンな人ほど、知恵の成熟度が高いこともわかっています。そういうわけで、新たに始まる令和の時代は前向き・プラス思考で明るくいきましょう!

社会福祉法人 ふるさと
理事長 北 島 淳 朗

ふるさとだよりvol.172 記事一覧へ

« 前の記事へ

施設整備等助成事業について

(公財)中央競馬馬主の助成金を受けて福祉車両を導入しました。

⇒詳しくはこちら

競輪補助事業について

平成23年度の競輪補助事業を完了しました。

⇒詳しくはこちら