ふるさとだより
ふるさとだより夏号vol.154 理事長あいさつ
施設案内
特別養護老人ホームふるさと
ショートステイ空室状況
居宅介護支援センター
グループホームふるさと
第2グループホームふるさと
ふるさとシニアライフサポートセンター

ふるさとの仕事

働きやすく、やりがいのある職場です。多くの人を幸せにできる「ふるさとの仲間」になりませんか。

« 前の記事へ
次の記事へ » 
絆をつなぐ、未来を創る

 

今年で39回目となった「ふるさと夏祭り」には、500名を超える皆様にご来場いただき、誠にありがとうございました。
そもそも「まつり」とは「祀る」を語源とし、豊穣を神仏に祈り、祖先に感謝する儀式として起こったと言われます。

日本最古の祭りは、593年に聖徳太子が開いた大阪の夏祭り(愛染まつり)だそうです。先般、西海町でも地元の夏祭り「川内祇園祭」が営まれました。地域の子供から大人まで、総勢150名以上が古式ゆかしい遷宮(大名行列)を披露するなどして、大いに賑わいました。

勇壮な演舞を目の当たりにすると、地域の絆の強さや、それを連綿と繋ぎ伝える日本社会のしなやかさを感じます。と同時に、人口減少による地方の消滅が真しやかにささやかれる中、「この風景を決して失くしてはならない」という思いが強く沸き起こり、改めて未来へとつなぐ地域づくりの大切さを心に刻むいい機会となりました。

社会福祉法人 ふるさと
理事長 北 島 淳 朗

ふるさとだより夏号vol.154 記事一覧へ

« 前の記事へ
次の記事へ » 

施設整備等助成事業について

(公財)中央競馬馬主の助成金を受けて福祉車両を導入しました。

⇒詳しくはこちら

競輪補助事業について

平成23年度の競輪補助事業を完了しました。

⇒詳しくはこちら