ブログ ふるさと 西海 風だより

経営者の視点

広報誌ふるさとだより

採用情報

ふるさとの動画
ショートステイ空室状況
経営者の視点
HOME > 理念・ご挨拶

理念・ご挨拶

当法人の理念

共助共援

「助ける力は微々たるもの、人は助け合いながら生きている」という『共助共援』を施設理念に、地域で初めての老人福祉施設として今日まで歩んでまいりました。
 これは職員同士が助け合うという狭義ではなく、お世話をさせていただく利用者様やご家族、地域がともに「お互いさま」の心、支え合いの心をもって、みなで地域をよくするために恊働しようという精神です。施設が孤立することなく、「地域密着」「施設の地域化」を心得としてきた取り組みが、今日の信頼と実績につながっていると自負しております。
 また、そこに従事する職員が喜びややりがいを持って働ける環境づくりに考慮し、勉強会や研修会にも力を入れています。社会福祉従事者の定着率の低さが社会問題のひとつになっていますが、当施設においては職員の離職率が低いのも特長のひとつといえるでしょう。それは利用者様との絆の深さの表れであり、施設を利用するすべての人にとって心地いい空間でありたいと願っています。

ご挨拶

 おだやかな海と緑あふれる西海の景色を一望するこの高台に、昭和51年、特別養護老人ホーム『ふるさと』は誕生しました。当時はまだ福祉や高齢者問題への関心が低く、(旧)西海町地区においても初めてとなる高齢者施設でした。

 かつて高度経済成長期は集団就職で若者がふるさとを離れ、集落に残されるのは不自由な高齢者ばかり。社会のそんな切ない現実と将来を憂い、「自分たちを育ててくれた故郷に何か恩返しがしたい」と有志7人が集結し、素人集団ながら福祉への一歩を踏み出したのです。
 しかし、開設当時は老人ホーム=姥捨て山的イメージが強い時代。施設運営自体が商売と捉えられてしまい、世に理解を得るのが非常に困難でした。
 そこでまず「老人ホームとはどんなところなのか」「高齢者のみなさんのためにつくられた場所である」という施設の趣旨を広く周知させることに徹し、各地区の老人会を回って説き続けたことも、今では懐かしい思い出です。

 こうした道のりを共に歩き、縁の下の力持ちとして支えて下さったのは利用者様の家族で組織する「ふるさと家族会」。当初から施設と家族とが手と手を取り合い、利用者の方々の生活を支えようと『共助共援』の精神で取り組んでまいりました。
 あれから35年ーーー来年の春完成予定の新施設では、さらに利用者様のプライバシーを大切にした『ユニットケア』が展開されます。社会のこの流れにいち早く対応し、ソフト面の充実を目指して職員一丸となって準備を進めております。これからも利用者様、そしてご家族の方々、地域の皆様のお役に立てるよう、常に初心を忘れず地道に取り組んで参りたいと思います。

平成28年4月

理事長 北 島   榮

名誉理事長 北 島  榮

社会福祉法人 ふるさと 〒851-3502 長崎県西海市西海町川内郷1484番地 TEL:0959-32-0785 FAX:0959-32-2031